探偵になるには? 探偵の求人について

探偵のなり方

探偵を仕事にする

密かな憧れの職業である探偵業で生計を立てるにはどうすればよいのか?

探偵に雇われる
就職先として、探偵業を選ぶ

転職の場合
他の職業から転職する場合は、やはり、年齢が重要なポイントになってきます。
ただし、警察官など、経験が生かせる職業からの転職者は60歳を超えていても採用するところもあります。

女性の場合
探偵業は、まず、依頼者の相談に乗ることから始まります。
親身になって相談者の話を聞くことが出来る面倒見の良い女性は活躍できます。

副業の場合
助手として、アルバイトで働く選択肢もあります。
この際、志望動機として、「なんとなく探偵をやってみたい」と、正直に答えると、当たり前ですが、面接で落とされます。
時給は高めなので、「お金が欲しい」の方が、まだ、ましです。

※単に探偵体験をしたいだけなら、職業を疑似体験できる大人版キッザニアのような有料サービスもあります。

探偵事務所の求人募集

ハローワーク

全国のハローワークで、求人情報として普通に掲載されていますが、実は、検索に引っ掛けるのが難しいです。
仕事内容が多岐に渡るため、登録されているカテゴリーも様々で、「職種」や「キーワード」で探すとなかなかヒットしません。
募集元の社名や仕事内容「調査業務」で探すのが良いかもしれません。

求人誌

探し方は、ハローワークと同じですが、 飛びぬけて高額な給与を提示している求人案件は注意が必要です。
面接のアポイントを取る前に、何をしている会社なのか調べましょう。

探偵で起業する

求人募集を探すのが面倒なら、思い切って、探偵事務所を開業して、経営者(個人事業主)になるのも手です。

一口に、探偵業といっても、
調査範囲や手法は様々ですが、 法律の定める下記の探偵の定義に接触する場合は、各都道府県の警察に事前の届け出が必要です。

「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、
特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、 尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。
https://law.e-gov.go.jp/htmldata/H18/H18HO060.html

また、同法の第三条に、欠格事由として、探偵業を行えない条件について書かれています。
噛み砕いて説明すると、

探偵として開業できない人の条件
経営者本人だけではなく、 役員や未成年者が起業した場合の法定代理人も上記の条件に該当してはいけません。

経験が少なく運営に自信が無い場合
コンビニエンスストアのように全国にFC(フランチャイズ)展開している企業もあります。
ランニングコストや加盟料はかかりますが、ノウハウを教えて貰えたり、仕事を紹介して貰えたりします。

探偵になるには何が必要?

勉強は必要?

探偵資格

経験が、もっとも大切な職業ですが、 一般社団法人日本探偵業協会主催のこんな民間資格もあります。

探偵調査士検定  受験費用 210,000円
探偵業務管理者検定  受験費用 105,000円

資格が無ければ、運営できない等の免許の類ではありませんが、 試験勉強の過程を通じて、 探偵に必要なスキルやテクニックを体系的に学ぶことが出来ます。

探偵適正テスト

~ 心理テストで職業への素質を測る~

職業適性心理テスト(探偵編)


この記事のタグ #探偵学校 #探偵アルバイト